• ホーム
  • 濃州堂の居合刀について
  • 居合刀
  • 真剣
  • 拵
  • 居合着・諸備品・小物
  • 鍔・縁頭・目貫
  • 工房紹介
  • 修理対応
  • 総合カタログ申込
  • ご注文方法・納期
  • よくある質問
  • ショッピング
  • お問い合わせ
  • Contact Us
ショッピング
濃州刀剣工房
道場案内
濃州刀剣工房

ショッピング

HOME > ショッピング > 居合刀(完成品)> 会津兼定 (あいづかねさだ) 写し

会津兼定 (あいづかねさだ) 写し

会津兼定 (あいづかねさだ) 写し 会津兼定 (あいづかねさだ) 写し

幕末、会津藩お抱えの刀工、和泉守兼定です。
室町時代の関の著名刀工兼定の後代になります。
この会津兼定に人気があるのは、なんといっても土方歳三を始めとする、新撰組隊士に愛用されたことによります。
風雲急を告げる激動の時代を、作刀で支えた刀工でした。

弊社の「会津兼定」は「互の目」刃文の刀身、拵は激動の幕末らしい無骨な木瓜形鉄鍔に、 牡丹唐草の金具を使用。
白鮫にナス紺色正絹の柄糸、下緒を配しました。
鞘は、柄糸によく映える茶石目としました。

刀身:長さ2尺3寸9分
刃文:兼定写し
ハバキ:真鍮無地
鍔 :T-112 蝶(鉄)
柄 :ナス紺正絹捻り巻(鮫白)
金具:KY-21 牡丹唐草(真鍮古美)
目貫:MY-60 蝶(真鍮古美)
鞘:茶石目

※基本納期は1か月半程度です。

上記仕様以外のカスタマイズをご希望の方はお問い合わせフォームよりお知らせください。

価格:74,000円

数量:

一覧に戻る »

 
カテゴリー
カートを見る

商品検索

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご質問窓口 TEL.0575-22-2397

受付時間:月~土 9:00~17:00
休業日:日、祝・祭日

FAXでのお問い合わせなどは FAX.0575-22-2383
受付時間:24時間

ページのトップへ