• ホーム
  • 濃州堂の居合刀について
  • 居合刀
  • 真剣
  • 拵
  • 居合着・諸備品・小物
  • 鍔・縁頭・目貫
  • 工房紹介
  • 修理対応
  • 総合カタログ申込
  • ご注文方法・納期
  • よくある質問
  • ショッピング
  • お問い合わせ
  • Contact Us
ショッピング
濃州刀剣工房
道場案内
濃州刀剣工房

日本刀・真剣

HOME > 日本刀シリーズ
日本刀 居合用・抜刀用・鑑賞用

日本刀真剣はこうして作られる

刀匠~日本刀の刀身は玉鋼を折り返し鍛錬することによって作られる~
 玉鋼は、砂鉄や鉄鉱石から「たたら製鉄」という昔ながらの日本古来の方法で取りだされるもので、日本刀を一振り作る為には約8kgの玉鋼と約三十俵の松炭が必要で使いきる。
 1200℃~1300℃程度に温度を上げ鉄を鍛え、それぞれの下鍛え、上鍛えの済んだ玉鋼に卸鉄などを合わせて再び折り返し鍛錬を行う。他の部分もそれぞれの方法で鍛錬していく。
その後各部位の鉄を合わせて造り込みを行い加熱と冷却を繰り返ししながら予定の長さまで伸ばし素延べ状態にする、形を更に整え焼刃土を塗って800℃程度の高温で熱した刀身を水に入れて一気に冷やす焼きを入れる、その時点で刃文が焼き付き、反りも生まれ。
研師~日本刀の持つ地金や刃文の美しさを引き出す~
研師~日本刀の持つ地金や刃文の美しさを引き出す~
 研ぎの作業は細かくいくつもの段階に分かれている。大きく分けると下研ぎ仕上げ研ぎがあり、下研ぎには金剛砥、備水砥、改正砥、名倉砥、細名倉砥、内曇砥石(刃砥・地砥)、刃艶砥、地艶砥、拭い、刃取り、磨き、ナルメと順次進み綺麗に仕上がっていく。
 刀の研ぎの種類には「拭い研ぎ」と「差し込み研ぎ」の2種類があり、どちらの研ぎで仕上げるかの判断は刃文の形状、焼きの明るさ、刀匠の仕上た刀身の特徴や持ち主の好みによっても決まってくる。「拭い研ぎ」は刃に沿って刃側を拭い白くして研ぐ方法の研ぎを言い、「化粧研ぎ」とも言う。
 他に「差し込み研ぎ」は刀匠が焼いた刃文をそのまま引き出して表現する研ぎの方法を言う。
白銀師・鎺獅~刀装の金属類を製作する職方~
研師~日本刀の持つ地金や刃文の美しさを引き出す~
 鎺は銀や銅を材料として刀身に合わせて下地作りから始まり、厚さは3mm、4mm、刀の鎬の高さや棟区の高さに1本、1本形状に合わせて製作します。
金属の板が刀の鎺の形状になり、ヤスリで綺麗に仕上げられていきます。
鞘師~刀の拵え、外装を製作~
研師~日本刀の持つ地金や刃文の美しさを引き出す~
 刀の長さに合わせて切った朴の木の木材を二枚に割り、その上に刀身を乗せて合わせて刀身の形状に合わせて削り彫っていく。刀の姿をより美しく、引き立つように着物を着せて見栄えをよくします。
外装用の拵え下地、保管用の白鞘、繋木、鞘師の仕事としてあります。
柄巻師~柄外装のまとめ~
研師~日本刀の持つ地金や刃文の美しさを引き出す~
 柄下地に鮫を張り、糸を分割して皮、絹等の材質の糸を色々な巻きで柄の外装をまとめ 見栄えよく完成させていきます。巻きには捻り巻き、片摘み、両摘み、蛇腹巻き、等多種の巻きがあります。 「柄」という言葉は「つかむ」から言われがあるそうです。
手の内で滑らず、しっかりと保持出来るように、糸や革で飾られ、巻かれます。

※こちらの真剣シリーズのご購入に関しましては、総合カタログページよりカタログをご注文の上ご購入頂くかお電話・FAXでも承っております。

総合カタログ申込

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご質問窓口 TEL.0575-22-2397

受付時間:月~土 9:00~17:00
休業日:日、祝・祭日

FAXでのお問い合わせなどは FAX.0575-22-2383
受付時間:24時間

ページのトップへ